AERONAUTS Inc.


 ・沖縄島間
 ・ベーリング海横断
 ・飛行距離世界記録
 ・飛行距離世界記録
 ・滞空時間世界記録
 ・日本海横断
 ・滞空時間世界記録
 ・滞空時間女性世界記録
 ・気球世界一周
 ・ガス気球日本記録
 ・ホッパーによる記録
 ・韓国から日本へ
 ・ナンガパルバット峰越
 ・滞空時間日本記録
 ・女性滞空時間世界記録
 ・滞空時間・距離日本記録

 

 気球の歴史


 Q&A

Balloons
 熱気球
   球皮
   バーナー
   バスケット
   インフレーターファン
   シリンダー
   フライトグッズ・計器
   中古機材
   ウェア


 シェイプト気球


 ロジェ気球
 ガス気球
Airships
 スヌーピー飛行船
 熱飛行船
 RC飛行船
Service
 イベント係留
 広告・撮影
 メンテナンス
Other Items
 スカイビュー
 ヘリウム気球
 インフレータブル
 大型係留ガス気球
 ブリンプ
 ヘリスタッド
Gallery
 気球ギャラリー
 飛行船ギャラリー


history 歴史

気球の歴史

モンゴルフェ兄弟の
熱気球


■1783年フランスのモンゴルフィエ兄弟の熱気球が、マルキダルラン、ピラトールドロジエの二人を乗せ始めてパリのの空を飛びました。これが人類がようやく空を飛ぶことに成功した瞬間です。

フランス人は以来、熱気球のことをモンゴルフィエと呼んでます。
熱気球という意味を表すフランス語もありますが一般には使われていません。
モンゴルフィエの成功から10日後にはシャルル教授による水素ガス気球が、教授自身が乗り込み飛行に成功しました。今から200年以上も前の話。フランス革命よりも前のことです。

人が鳥のように空を飛ぶ!!人類が長年夢に見てきたことが現実になったのです。一大事件です。このニュースはあっと言う間に世界中にひろまりました。
テレビ、ラジオ、電話、もちろんインターネットもなんにも無い時代です。数年後には日本にもこの事件が伝わっています。



■フライングマシン、気球はフランス、ヨーロッパ、イギリス、そして海を越えアメリカでとまたたく間に世界中で飛ばれるようになりました。

より効率の良い、より手軽な、より長時間、もっと高くと、空に対する人間の探求心はとどまるところがありません。この一つの方向がよりたくさんの人が乗れる、大きな気球へと発展しました。

1864年 ユウジンゴダールの巨大な熱気球、ティサンディエらによる1868年の大きなガス気球、そしてこの年アンリ ジファールはロンドンで大きな係留気球 Captive Balloon を飛ばしました。ロンドンでの経験をもとにいくつかの大きな気球を手がけました。ナポレオン三世が乗ったという記録もあります。


Copyright© 2015 AERONAUTS Inc. All Rights Reserved